2020年03月15日

コロナの影響いろいろありますね。

小中高校が休校になり、テレワークが推奨され、中小規模のイベントも軒並み延期や中止となり、観光地はがら空きで、飲食店もお客さんが減って、株価も暴落して・・・。

これで、「私に影響ありません」って言う方はおられないですよね。

フリーランサーの私、本業はこの時期、もともと多くないので、コロナのせいで減ってるのかどうかはわかりませんが、案件は少なめ。

確定申告の締め切りが延びた!ってのは大きいかな。
仕事、少なめなのだから、従来の締め切りまでに終わらせるぞ!と思ってたけど、やっぱりそんなに偉くないので、まだ終わってません(汗)。
今年は年金を2年分まとめて払う年だ!って思い出して、少々、焦っている。
いつも、源泉徴収された所得税が還付されて、そのあとに年金の引き落としだから、なんとかなってるけど、申告が遅くなったら還付も遅いよね。あかんやん。早く頑張らねば。


フラメンコ的には、師匠のライブは先日ご報告した通り、無事に開催できましたが、3月に伴唱するはずだった某スタジオの上級生さんソロライブは中止。
スペイン人カンタオーラの伴唱で踊る予定の友だちの練習に付き合う話も、カンタオーラさんの来日が延期されて、ひとまず棚上げに。
他にも師匠が出演する予定だったライブが2つ、中止・延期になりました。

ライブハウスに比べたら感染リスクは小さいとは思うけれども、フラメンコも盛り上がると、みんな叫ぶしなぁ。
ドリンクやタパスが供されるライブも多いですしね。

ここれまでのところは国内の自粛要請・自粛ムードによる中止・延期だったけれども、今後は欧州の感染拡大も問題になってくるでしょうね。
来日する予定のアーティストが来れないとか起こってくるだろうなぁ。


一番ショックだったのは、実はフラメンコではなくて、ギドン・クレーメルと、マルタ・アルゲリッチのデュオリサイタルが中止になったことでした。

4310111329_20191121161345.jpg

ギトン・クレーメルのバイオリン、大好きで何度かリサイタルに行って聴いてて。
マルタ・アルゲリッチは大好きだけど生で聴いたことがなくて。

このふたりが、久方ぶりに伝説のデュオを再結成して、来日!

それが、ホームの兵庫県立芸術文化センターで演奏会するということで、チラシを初めて手にした瞬間、手が震えるくらい興奮したんよ。
A席は18000円。有名オケの来日公演よりお高めですが。それぞれのソロリサイタルで1万円超えでもおかしくない方たちですしね。
母も誘ったら「よし行くぞ!」って言うので (私はひとりでも行くつもりでしたが)
チケットの発売日は、仕事・予定を入れずにPC前に待機して、気合いで(?)、めっちゃ良い席がとれましたのよ。
ほんま、これまで何回か気合いを入れて発売日に臨んだけど、過去最高に良い席がとれたのっ!!!!

・・・・それが。 キャンセル。。。

もう、ぜったいに、次は無いと思うのだわ。
招聘元のお知らせ文によると、「ふたりともなんとかデュオとしての来日を実現したい」と語っている、とのことですが、何年も先まで予定が決まってそうなふたりが、一緒に来日なんて、ねぇ。無理よねぇ。💧💧💧

おのれ、コロナめ。 よりによって、なぜ今年っ。

まあね、キャンセルのお知らせが来たときは悔しさが先に立ったけれど、公演日だった日が近づいた今、「この状況じゃぜったいに無理」だし、早めに決断して正解だったね・・・と思います。

そうそう。PACオケの3月13〜15日の定期演奏会も、モチロン中止です。
それは、しゃあないと思ったけど。
4月の定期演奏会、大丈夫かなぁ。指揮者は井上さんだが、ソリストがスペイン人。来日できるんかな。

まだまだ、大変、が続きそうですね。
辛いわ。



あ。相撲の大阪場所も、発売日を失念してたがキャンセル待ちでがんばって椅子席を確保したのよー。でもま、相撲観戦はピクニックみたいなもんだし、テレビで見る無観客がシュールで面白いからだいじょぶ。
posted by のりこ☆ at 01:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: